読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランチャイズでの学習塾経営は、こんな方に向いています

これから学習塾を開業してみたいという方に向けて、情報を提供したいと思います。 学習塾を開業するには、そもそもどんな人が向いているのでしょうか?

以下の事項に当てはまる方、ピンときた方は、学習塾の経営に向いているかもしれません。

(1) 教えることが好き 教える事が好きな人は、学習塾の経営に向いていると言えるでしょう。 開業後は、経営で忙しくなり教鞭を取る機会が少なくなってくるかもしれませんが、やはり学習塾経営の基本は「教えること」です。

(2) 子供の成長を見守る事に喜びを感じる 学習塾におけるお客様は、子供とその保護者の方です。 子供と共に学び、コミュニケーションを取り、生徒の成長を 保護者の方と共に喜びあえる人は、学習塾経営の適性があるでしょう。

(3)学生時代に極端に勉強が得意であった人や、元は勉強が得意でなくても人一倍努力をした人 このような人も学習塾の経営や、教えることに向いているかもしれません。 というのは、勉強が得意であった人は、当然、勉強の仕方、方法論や心構えを生徒に伝授する事が出来ます。 逆に、元は勉強が得意でなくても人一倍努力をした人は、特に勉強が得意でないこどもを教える事に向いていると言えます。 失敗・勉強が不得意であった原因を自己分析し、どうすればうまくいったかという方法論を掴むことができていれば、生徒の気持ちのわかる素晴らしい先生や学習塾経営者になれるのではないでしょうか。

(4)ビジネスをいきなりスケールさせるのではなく、じっくり育てていきたい人 学習塾の運営は、生徒数や合格実績などの結果が短期的に伸びたり、顕著になる事は 少なく、比較的じっくりと育てていく傾向があります。 その分、ある程度、固く、堅実な経営を行い易いとも言えます。 生徒をじっくりと育てつつ、保護者との信頼関係を構築し、地域に根付きながら 少しずつ結果を出していく、というビジネススタイルが性に合うという人は、学習塾 運営に合っていると言えるでしょう。

(5)とにかく早く開業したい人 最後に、学習塾の経営は色々と大変なこともありますし、リスクも伴いますが、 比較的開業し易く、事業継続し易い業界とも言えます。 それは、各フランチャイズ本部にノウハウが蓄積されており、本部をうまく使うことで、 事業リスクを最小化する事が出来ると共に、(4)で説明した、事業特性もあるかと思いま す。とにかく早く開業したいという方にもおススメの業界と言えるでしょう。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら