読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめの副業情報

副業フランチャイズ

現在、副業や週末起業をしている人の状況として、50%にもなる人が1円も稼ぐことができていないという状況にあります。 3万円以上を稼いでいるという人はほんの一握りであり、1円の壁を越えるためには事前の準備と継続する力が必要とされます。

副業に興味を持っている人は、とても多くいます。 どこかでセミナーが開かれると、希望者が殺到します。

ところが参加者に何をしたいのかとヒアリングすると、明確に答えることのできる人がかなり少ないのです。 多くは起業すれば儲かりそう、将来が不安であるから今のうちに副業を始めたいなどといったように、かなり漠然としています。

最近は不景気ですから、同じ副業であっても収入の目減りに充てる「損失補填型」が多くなっています。 しかしながら今ある仕事に加えて自分の時間を消費するということでは、無理が生じ長続きもしません。

副業にはほかに副業の成果が本業の人脈などにも活きる「シナジー型」、副業が副業を呼んで広がる「未来志向・自己実現型」というものがあります。 副業をするのであれば、こういったものを目指したいところです。

たとえば、現状の仕事で週末と祝日が休みであるという場合ですと、1ヶ月のうち自由になる時間は100時間程度です。 法定残業時間が45時間ですから、その2倍にはなります。

これだけあれば、サラリーマンとしての安定した立場も維持しつつ、自由時間は自分の才能を磨くことに充てられます。 副業の鉄則は、コストを極力かけずに始めることです。

具体的には、最初の1ヶ月で初期費用を取り戻すことができるような事業計画ですと妥当です。 いきなり事業化せず、知人を誘うようなかたちから発展させることがおすすめであり、それがもっとも理想的です。

副業を考えている人は、本業に対して何らかの不満を持っているものです。 不満の種類はやりがい、収入のどちらかが大部分です。

単純に収入を補う目的でアルバイトに明け暮れているということでは、いつまでも展望は拓かれません。 夢中になることができるものは、おのずと収入にも結びついていくのです。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら